News
投稿者: 岩本卓三

集客でハッシュタグはこう使え!


 

#って何ですか?

#はハッシュ記号で、電話のプッシュボタンで見かけるおなじみの記号です。♯は音楽で見かけるシャープ記号です。


 

ハッシュタグとは?

「ハッシュタグ」とは、Twitter、facebookなどSNSの投稿内のタグとして使われるハッシュ記号「#(半角)」がついたキーワードのことです。キーワードの先頭に#(半角)を付けるとハッシュタグができます。例えば「#犬」とすると、「#犬」がハッシュタグです。「犬」で検索すると「#犬」のタグが付いた投稿が表示されます。


 

ハッシュタグの歴史

ハッシュタグは2007年、Twitterにおいてある一人のユーザーがBarcampというイベント開催に際し「#を使ってつぶやこう」と呼び掛けたのが始まりです。これはBarcampが「BarとCamp」という二単語からなるイベント名であるため、検索したときにそのイベントに関連したツイートが他のツイートに埋もれてしまわないための工夫でした。それが多くのユーザーへ広がり、後にTwitterが公式サポートするに至りました。ハッシュタグとして利用できる文字列は当初はアルファベットのみでしたが、2011年にTwitter日本語版で漢字・ひらがななどで記載された、「日本語ハッシュタグ」も利用可能となりました。現在でもハッシュタグはTwitter以外にも、InstagramやFacebookなど、多くのSNSサービスで幅広く利用されています。


 

ハッシュタグの作り方

ハッシュタグを作るのに特別な申請や登録などは一切必要ありません。「#」に続けて設定したいキーワードを入力し、前後にスペースをあければ、システム側で自動的にハッシュタグと認識されます。タグの始めにつける「#」は必ず半角です。全角だとタグとして認識されません。また、アルファベットや日本語が利用可能ですが、記号、句読点、スペースなどは使えないので注意が必要です(文字列がそこで途切れてしまいます)。ハッシュタグは投稿につき1個だけでなく、スペースで区切って2個、3個と複数付けることも可能です。ハッシュタグの個数は1個が望ましいですが、多くても3個前後にしておきましょう。またタグの文字数は少ない方が望ましいです。


 

ビジネスでSNSを活用する理由

ホームページで集客のためにプロモーションやキャンペーンを展開するとき、応募したい消費者が名前、住所など個人情報を応募フォームに入力する作業をしていました。消費者はこの作業を嫌がりますので、キャンペーンへの参加率の低迷の原因の一つでした。しかしSNSでは応募登録作業が要らず、ハッシュタグ付きの投稿やシェアだけで気軽にキャンペーンに参加できるので、応募数を伸ばすことができます。また、簡単に応募者を特定できますし、キャンペーン用のページを作るコストも不要ですのでコストの面でビジネスに最適だからです。


 

市場調査がお手軽

SNSに限らずプロモーションやキャンペーンを展開する際は、ユーザーニーズの動向として、TwitterやFacebookでの関連投稿数を調べるところから始めます。 ハッシュタグなしの投稿では、関連性のない投稿まで表示してしまうので集計が大変ですが、ハッシュタグ付きの投稿を促せば、集計作業など必要なく瞬時にどれくらい拡散しているかを確認することができます。ユーザーニーズを把握したところで、集客の戦略を実行してきます。


 

まとめ

独自のハッシュタグを投稿に埋め込むことによって、投稿の拡散状況を容易に調査でき、消費者側もキャンペーンへの参加が手軽に出来るようになったことから、SNSのビジネスへの利用が容易なものになりました。投稿も拡散性が高く広く消費者にアプローチできる点と提供されているSNSサービスを利用して集客キャンペーンが実施できることから、従来よりも集客キャンペーン実施のコストが抑えられます。


最近の投稿