ホームページ制作 モトクル

Webデザイン制作を改善すると、あなたのビジネスを理解し、あなたの商品・サービスを利用したくなる人が多くなります。

Webデザイン制作はホームページを成功させるための5大要素のうちの一つの柱となり、非常に重要です。サービス・商品の雑多な情報が氾濫する中、消費者の購買行動は「よりシンプル」、「より自然に」理解できるサービス・商品を選択する傾向があります。
ホームページを訪れたユーザーのUI/UX(わかりやすさ・使いやすさ)を改善し、企業イメージを効果的に伝えることができるWebデザイン制作をご提案致します。

ホームページ成功の5大要素

ホームページ成功の5大要素

ご依頼を受ける課題

  • ウェブサイトがわかりやすい、と褒めてもらったことがない
  • ターゲットユーザーの顔を想像せずにデザインを行っていた
  • もう少しシンプルで統一感のある作りにしたい

Webデザイン制作を行う理由

マーケティングを担当される方の中にはWebデザイン制作を軽視する人もいます。
その理由として、「コンテンツとプロモーションのみが重要で、Webデザインの売り上げに対する貢献度はほぼない」、「Webデザインは企業イメージを伝えるだけ」と考えている点が挙げられます。しかし実際には Webデザインを改善し、より多くの顧客獲得に成功した事例が多くあります。Webデザインは売り上げを一層伸ばす重要な方法のひとつであることは間違いなく、費用対効果を考慮したWeb制作が最も現実的なアプローチになる場合も多くあります。

モトクルのWebデザイン制作は次の3点を重要視しています。

第一に「企業イメージ(ブランディング)」の改善です。Webブランディングによるイメージ向上や認知拡大、ユーザーが抱く先入観の払拭、購買意欲の拡大など、サイトの利用目的によってさまざまな効果を発揮することが可能です。
第二に、 「使いやすさ・わかりやすさ(ユーザビリティ)」の改善が挙げられます。企業の特色を反映させるだけでなく、ターゲットユーザーの特性に沿うWebデザインである必要があります。また、ユーザーニーズやユーザーのホームページ上での導線、コンバージョン数を上げるWebデザインを制作する必要があります。
そして第三に、「SEO対策」の改善という視点が必要です。 ページ内部のテキスト情報を基に検索エンジンがページを解読し、検索結果に反映することを踏まえ、SEOの内部対策を行います。
SEO対策のみを考えるとキーワード重視の無味乾燥なデザイン作りに陥りがちになります。重要なキーワードが盛り込まれる「タイトル、キャッチコピー、本文」を、そのサイトに要求されるデザイン水準とぶつからないように工夫する必要があります。

Webデザインを改善し、より多くの人にあなたのビジネスを
わかってもらいませんか?

見た目が良いだけのホームページが、商品コンセプトを正しく伝え、企業として信頼されるホームページだと評価されるかというと、必ずしもそうではありません。また、デザイン性が高くても実際にはほぼ商品に関する「問い合わせ」がなく、ホームページが役立っているかわからない、とのお問い合わせをいただきます。

ホームページに訪れるユーザーを増加させ、また訪問中のユーザーの体験を向上するために、モトクルのWebデザイン制作で行う2つのことがあります。
①コンセプトに合う統一感のあるデザインにし、②ターゲットユーザーを明確にし、好みやニーズに合わせたデザインを使用することです。つまり、企業の視点(企業のユニークさやコーポレートアイデンティティ(CI))とターゲットユーザーの視点(ユーザーの悩み・ニーズの想定)をバランスよく組み合わせ、Webデザインを制作することが大切です。

こうした分析・最適化を行うことにより、企業の信頼性や好感度を一層に改善し、さらに売り上げを伸ばすホームページを制作することが可能です。