スマホサイト制作 モトクル

より多くのユーザーが、スマートフォンを使ってサービス・商品を検索しています。見やすく、わかりやすいスマホサイト 制作がウェブ戦略成功への鍵です。

スマートフォンからのインターネット閲覧の割合は日本全国平均47.1%

スマホからのインターネット閲覧割合

Source: 総務省 平成26年通信利用動向調査

日本における端末別インターネット利用状況をみると、「自宅のパソコン」が53.5%と最も多く、次いで「スマートフォン」(47.1%)となっており、スマートフォンやWi-Fiの普及を背景とし て、スマホを利用したインターネット利用が増加しています。また、別の調査会社の報告によると、メディアの接触時間はパソコンが1日69分であるのに対し、スマホ・携帯は1日あたり74分となり、一般の人はパソコンよりもスマホを触っている時間の方が長い傾向があることがわかります。
モトクルが管理するウェブサイトの中で、特に若い女性をターゲットとするサイトでは、スマートフォンユーザーがアクセスの主流になるケースもみられます。より多くのユーザーがスマートフォンを使って、サービス・商品を検索しており、この傾向はこれからも一層増加すると考えられています。「見やすく、わかりやすい」スマホサイト 制作をしておかなければ、競合他社に後れをとることになってしまう可能性があります。

  • 20代~30代を中心にスマホでインターネット
  • 近年、スマホから商品やサービスの購入/予約の急増
  • B2C (一般消費者向け)ビジネスでスマホサイトは特に重要

スマホサイトを持っていないとチャンスを逃すことになる?

スマホサイト 制作の依頼があった企業の一つのデータを紹介します。スマホサイト 制作の依頼時にはパソコンを利用して訪問したユーザーは平均3.8ページを閲覧するのに対し、スマホからアクセスがある場合は平均2.2ページでした(スマホユーザーは閲覧ページが1.6ページほど少ない)。この数字の差が示唆することは、企業の情報に関心があってアクセスしたユーザーもスマホに対応してないサイトではブラウジングがしづらいために途中で離脱している可能性があるということです。

モトクル スマホサイト制作

このケースに限って言えば、スマホユーザーは1回の閲覧で期待できる情報の約42% (1.6/3.8 = 0.42)も少ない情報量しか得ていないと解釈することもできます。
この企業では依頼時にスマホユーザーが全体の4割強ほどあり、「無視できない」と判断し、依頼者はスマホサイト 制作を急ぎました。

私たち自身にも経験があると思いますが、情報を探しだすのに時間がかかったり、わかりづらいレイアウトになっている場合は、そのホームページから離れて別のもっとわかりやすいサービスを探すと思います。しかし、このようなことが自社ホームページのユーザーに起こっていたらどうでしょうか?このことが意味することは、見込み客が競合他社に取られてしまうというビジネスチャンスの損失であり、売上に直結する問題です。スマホサイトの制作で、ユーザーの閲覧経験をより快適にできるのであればこれをやらない手はありません。

スマホサイト 制作してモバイルフレンドリーに!

こうした傾向を踏まえ、モトクルでは次のようなケースに対応することができます。

  • 限られた予算でスマホサイトをとにかく早く制作したいという方
  • 現在のスマホサイトの使い勝手が悪いという方
  • スマホ多用する世代をターゲットとした商品・サービスを売り出したい方
  • Googleのモバイルフレンドリーに対応したい方

モトクルのスマホサイト 制作は、お客様のご要望を丁寧にお聞きし、それぞれの用途にあった企画・構成を行います。スマホサイト制作は『素早い表示、わかりやすい、直観的』な作りであることが鍵です。ターゲットユーザーの動線を設定し、適切なコンテンツ配置やデザインを考慮しながら、スマホサイト制作に取り組ませていただいております。
モトクルでは企業の『売り上げ改善』につながるスマホサイト制作を徹底します。限られた予算にもご対応致しますので、まずはお問い合わせ下さい。