ホームページ制作 モトクル

レスポンシブWebデザイン:スマートフォン、タブレット、パソコン、そして未来のデバイスにも対応できるとても柔軟なWebデザイン法

Googleが推奨するレスポンシブ ウェブデザイン

ホームページは今やパソコンだけではなくタブレットやスマートフォン等、様々なデバイスで閲覧されています。現在多くのホームページ制作は、異なるデバイス毎に複数のHTMLファイルを用意することで対応しています。

レスポンシブ ウェブデザインは1つのHTMLファイルを、異なるデバイスや様々な画面サイズに合わせて、自動的にページのレイアウト・デザインを柔軟に調整する方法です。そのため、パソコン用サイト、スマートフォン用サイトの重複コンテンツのリスクやスマホサイトからのリダイレクト設定によるペナルティ等の、SEOに関するデメリットが軽減されます。

レスポンシブwebデザイン制作 モトクル
レスポンシブwebデザイン制作 モトクル

レスポンシブ ウェブデザインのメリット・デメリット

メリット

ホームページ管理の手間とコストが減る!

レスポンシブ ウェブデザインでホームページを制作すると、従来の制作法のように、デバイス毎の異なる画面サイズに合わせて制作する必要がなく、それぞれに適したレイアウトを自動的に表示させることが可能となります。 レスポンシブ ウェブデザインは、ホームページを構成するソースファイルが1か所にまとまっている制作法であるため、更新時にはこの1箇所を変更すればいいことになり、コンテンツ管理がとても便利・楽になります。マルチデバイスに対応しつつ、一括更新も可能にするレスポンシブ ウェブデザインなので運用コストが軽減できるのです。

検索エンジンの大手・Googleが推奨、なのでSEO対策にも有効?

Google Developersの「レスポンシブ ウェブデザイン」には、Googleが提唱するレスポンシブ ウェブデザインを推奨する理由が複数挙げられています。
そのうちSEOに関わるものとしては、① 検索ロボット(Googlebot)のクロール範囲を一元的に集約できるため、検索結果の表示に必要なクロール作業の効率が上がること、また、②コンテンツを一元管理しているので、デバイス毎のコンテンツが存在することを、検索ロボット(Googlebot)伝える必要がないこと、さらに、③スマートデバイスにおいて発生する特有のエラーが生じ、ユーザーの利便性を損なうリスクがないこと、などをあげています。これらの点を見てみると、レスポンシブ ウェブデザインをすれば直ちにSEO対策を改善することにはなりませんが、SEO対策を一層効果的に行う基礎として有効だと考えられます。

未来のデバイスにも対応できる!?

レスポンシブ ウェブデザインの最大の特徴は、「デバイス種別にコンテンツを振り分けるのではなく、画面幅ごとにコンテンツを変化させる」という点です。現在、インターネットへ主にアクセスする主なデバイスは、パソコン、タブレット、スマートフォンの3種類です。
ところが、近い将来IoT (Internet of Things; あらゆるモノがインターネット化する)が私たちの身近なものになったとき、デバイスの幅によってレイアウトを柔軟に調整するレスポンシブ ウェブデザインは、このような未来のデバイスに対しても親和性を持つ可能性があります。

デメリット

初期の制作コストが増加

1つのソースで複数のデバイス種に対応するホームページを制作するため、HTML・CSSがこれまでのサイトよりも複雑になり、構築に時間もかかります。
デザインもブラウザの横幅サイズに合わせてレイアウトが自動的に変わるので、それを考慮しデザインする必要があり、経験と高い技術が要求されます。表示に関して、古いブラウザ(Internet Explorer8以下の場合は)、ホームページのレイアウトが崩れたり表示されない場合もあります。


現在既にホームページをお持ちでレスポンシブ ウェブデザインをお考えの方は、サイトの規模・ページ数によってコーディング時間が変わります。ご予算に合わせて対応することも可能ですので、まずはご相談ください。