ホームページ制作 モトクル

"モバイルフレンドリー" 携帯ユーザーが快適に利用できるサイト
Googleはレスポンシブウェブデザイン対応を推奨しています。

2015年4月21日以降、モバイルフレンドリー基準を満たすことが必要に

Googleは2015年4月21日より、モバイルフレンドリーなサイトかどうかを検索結果に反映することを発表しました。これは、スマートフォンに対応していないサイト、スマホで読みにくく使いにくいサイトの検索順位を下げる(=対応しているホームページの順位を上げる)ということです。 順位への影響はモバイル検索結果のみで、PCの検索結果には今のところ影響がないと言われています。またスマホ対応していないサイトに対して、ペナルティが課せられることは無いと考えられます。

モバイルフレンドリーのチェックポイント

  • ズームしなくても判読できるテキストを使う
  • ユーザーが横スクロールやズームの必要がなく、コンテンツと画面サイズが一致しているか
  • 目的のリンクを簡単にタップできるか
  • スマホで表示出来ないコンテンツ(flashなど)を使ってないか

Googleはレスポンシブウェブデザインを推奨しています

レスポンシブ ウェブデザインは1つのHTMLファイルを、異なるデバイスや様々な画面サイズに合わせて、自動的にページのレイアウト・デザインを柔軟に調整する方法です。そのため、パソコン用サイト、スマートフォン用サイトの重複コンテンツのリスクやスマホサイトからのリダイレクト設定によるペナルティ等の、SEOに関するデメリットが軽減されます。今後、パソコンサイト、モバイルサイトを制作する場合や、今回のGoogleモバイルフレンドリーに対応する場合にはレスポンシブウェブデザインは有力な候補と言えます。

スマホ対応は重要なページから

既に運営中のサイト全体をモバイルフレンドリーにすることは費用面においても負担が大きくなります。まずは、トップページや主要なサービスページ、ランディングページなど、検索順位を落とせないページだけでも先に対策をされることをお勧めします。