News
投稿者: 岩本卓三

SEMとは? SEOと違うの?


 

SEMって何?

SEMとは、サーチ・エンジン・マーケティング(Search Engine Marketing, SEM)の略語です。検索エンジンを利用するユーザに対して実施するマーケティング手法のことを指し、検索エンジン最適化(SEO)及び検索連動型広告(リスティング広告)を利用したマーケティングが対象です。検索エンジンからの流入を増やす仕掛け作り、コンバージョンを増やすためのランディングページ最適化やアクセス解析など、検索エンジンに関わる全てのマーケティング活動を含みます。/p>


 

SEMを理解する

リスティング広告の基本を知る上で、知っておきたいのが、リスティング広告が「SEM」というマーケティング手法の一つであることです。 SEMは日本語では「検索エンジンマーケティング」と呼ばれ、検索エンジンから自社サイトへの来訪者を増やす方法のことです。 SEMを理解するために、「SEO」と呼ばれるマーケティング手法を持ち出すと、よりわかりやすくなります。 SEOとは、サーチ・エンジン・オプティマイゼーション(Search Engine Optimization)の略語で、「検索エンジン最適化」と呼ばれる手法です。 これは、自社サイトが検索エンジンの検索結果で、より上位に表示されるように、自社サイトを作る方法です。SEOも、検索エンジンから自社サイトへの来訪者を増やす施策、つまりSEMの手法の一つなのです。しかし、リスティング広告とSEOではその来訪を促す手法が異なります。

SEOとは「Search Engine Optimization:検索エンジン最適化」を意味する言葉で、Webサイトが検索結果でより多く露出されるために行う一連の最適化施策を総称したものです。

SEOについての説明は、こちらをご参照ください。

都民ファースト?なSEOルール


 

リスティング広告とは

リスティング広告とは、「Google」「Yahoo! JAPAN」「Being」などの検索エンジンの検索結果ページに検索結果と一緒に表示される広告のことをいいます。 ユーザが検索したキーワードによって、検索結果は異なります。リスティング広告は、その検索結果に応じて表示されます。検索キーワードに対応して広告が表示されるため、一般的に検索連動型広告と呼ばれています。ユーザが検索したキーワードとユーザが求める商材が一致するようにキーワード、広告設定をすればコンバージョンを高めることができます。リスティング広告の特徴として、広告が表示されるだけでは広告費が発生せず、実際にユーザがクリックすることで課金される(PPC:Pay Per Click)ことです。検索キーワードと広告がずれているとコンバージョンにつながらないクリックが増えて広告費を浪費してしまいます。


 

まとめ

SEM、SEO、リスティング広告を混同、誤用される場合があります。

SEM=SEO+リスティング広告

との認識で最初のうちは良いと思います。

実際には前述のとおり、SEMは検索エンジンを用いたWebマーケティングであり、SEOとリスティング広告(検索連動型広告)はその手法の一つです。


最近の投稿